日々のこと、政治のことを主に
by hiro-ichi2006

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ
最新のコメント
興味深く拝読しました。 ..
by けいすけ at 10:23
このような感覚で市議をつ..
by シロ at 08:13
            ..
by 高橋 エマニエル=努 at 06:50
            ..
by 高橋 エマニエル=努 at 00:10
            ..
by 高橋 エマニエル=努 at 00:09
そうですねえ。そうですが..
by hiro-ichi2006 at 20:41
小沢一郎さんって、自民党..
by ruhiginoue at 21:01
生活困窮者自立支援法がで..
by hiro-ichi2006 at 00:05
マイナンバーとはちょっと..
by ruhiginoue at 02:03
その人は「護憲論者は防衛..
by hiro-ichi2006 at 04:01
メモ帳
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧

# by hiro-ichi2006 | 2018-10-03 13:34

沖縄県知事選挙の結果「基地に依存しない新時代沖縄」を。



沖縄県知事選挙に向けて
9月12日に琉球新報と沖縄タイムスに打った意見広告の案文(実際のと違います)
a0085195_02355604.jpg
選挙の結果が出ました。
玉城デニー 396,632票(得票率55.07%)※史上最多得票
佐喜真 淳 316,458票(得票率43.94%)
兼島  俊  3,638票(得票率0.51%)
渡口 初美  3,482票(得票率0.48%)

当日有権者数 1,146,815人
最終投票率  63.24%選挙中の映像や当確が出た時の映像に「三色旗」がはためいている。翁長知事の時は自由投票にした公明党が今回はサキマ陣営を応援し、緊急事態宣言をして本土からの電話作戦を訴えていたけど、玉城デニー氏の当選となった。サキマ陣営「豊になるチャンスを逃すのか!?」玉城デニー 「新時代沖縄」「誰も置いていかない政治」      「翁長知事の意志を継ぐ」自治体議員立憲ネットワークの2年前の沖縄研修では翁長知事の講演なども伺い、翁長知事からは「沖縄の経済は完全に基地依存型を脱している」また、「沖縄の子どもの貧困問題は全国でも顕著で大きな課題」とも。200年使うという「新基地」辺野古の建設を強行し高江のヘリパットではオスプレイが飛び回っている。低周波や振動に子どもの不眠まで出ている。いつ落ちるとも分からないオスプレイが飛び回ることは、佐賀や岩国とも連携して、アメリカの極東戦略の前線基地の強化を図っていくことの象徴だ。殴り込み部隊と言われる精鋭の海兵隊はもはや沖縄には駐留していない。いるのは、世界の治安維持のために災害被害などを取り除く国際協力隊としての海兵隊活動隊を担う部隊のみだという。その部隊が本土と交代でやって来て訓練もしながら海外へ出かけていく。水道事業や災害復旧などが主な任務だという。そうすることで地域紛争を未然に防ぎテロリストの増加を防いでいるというのだ。そういう米軍駐留の実態と、一方での米国の対中国戦略の要としての辺野古新基地建設は、日本の外交戦略の挟み込む余地が全くないという小泉以来の安倍の対米従属路線だ。アメリカのポチと言われた小泉はブッシュのイラク攻撃を激しく支持し、中東の石油タンク(ガソリンスタンド)とまで呼ばれて、自衛隊機からした燃料を空中供給し続けた。というのも、その前にアメリカの頭越しに北朝鮮とピョンヤン宣言を出して相当にアメリカのジャパンハンドラーから脅されたからだ。安倍は脅されてもいないのにアメリカ追随だ。東アジア非核平和機構の提唱で、中国と米国の対立の間に入ろうなどと言う発想もなく、言われるままの辺野古新基地建設。この基地は200年使うという、あの大英帝国が上海を租界した時の倍の長さだ。それは日本会議(今回のサキマ候補も所属)の改憲妄想に使えるからだ。ともあれ、玉城デニー氏の勝利は、沖縄の民意であり、基地に依存しない、「新時代沖縄」を県民が選んだということなのだ。

# by hiro-ichi2006 | 2018-10-01 02:54 | 日本の政治について

小田急のダイヤ改正

小田急線のダイヤ改正のことを決算委員会で発言している議員がいて、それによると、7時47分の狛江駅発が一番混んでいたが、その前後の1時間に10本の増発があり、混雑が緩和されたとのこと。また、新宿や表参道は19分で行けるようになったとのことだった。

私も実感しているのことは、ラッシュ時の本数が増えたし、そのうち、小田急唐木田行きの千代田線が増え、混雑の緩和がされていることだ。

ではなぜ、唐木田行きを増やすのか?だけど

唐木田や、永山のある小田急多摩線の本数が増えているということだと思うけど、多摩市は7割がニュータウンの住民だと阿部市長から聞いたことがある。

永山の大規模団地の建て替えが成功した。高層化して世帯数を増やし、子育て世代を呼び込み、従来からの居住者も8割が戻ってきて住んでいるとのこと。
この永山からの通勤客を都心に運ぶのは小田急の使命となっているだろう。

町田、相模大野やその先からも新宿や都心に向かう通勤通学は変わらず多いのか??その辺りは知りたいところだ。
かつてのサラリーマンである団塊世代は完全退職をした。
私の連れ合いも先日代々木公園の集会とデモに久々に出かけたら、まったく町が変わったなああ、と言っていた。

町田やその先の方の住宅都市では、団塊世代に+若者が増えているのか、その結果、若者が相変わらず新宿や都心に通勤しているのか?という疑問を持つ。

それほど成功していないような気がする。
また、横浜経済圏への通勤や通学も増えているような気がするがどうか??

小田急線のダイヤ改正は、その辺りの調査をやったうえでのことだろう。

成城どまりや、千代田線直通の唐木田行きの本数が増えている背景、小田急さんに聞いてみたいものである。


# by hiro-ichi2006 | 2018-09-24 00:46 | 市議会奮戦記

月末食堂 9月28日(金)開催です。フリマもどうぞ!

今度の9月28日金曜日、午後4時から7時、月末食堂、開店です。
メニューはカレー、野菜サラダ、デザート考案中、です。

ナスの煮びたしなども作りたいですね!

a0085195_05085424.png

今回は、市亀さんからの寄付で、府中のJAのカレーを使って、102風にします。

肉はヤマギシのビーフ2㌔使います。

大人の味付けなので、市亀さんおやっている子ども食堂では使わないので、と分けていただきました。試食しましたが、トマト、しょうが、などの野菜がたっぷり使われたすごくおいしいレトルトカレーでした!!


場所はスペース102.
狛江駅南口ロータリー、きら星銀行角を右折100mです。

フリマも開設いたします。フリマは午後1時からやってます。

あと、フリマ製品として寄付されたものを少し紹介します。

かわいいガラス製品です。

a0085195_05065717.jpg
a0085195_05071467.jpg
a0085195_05073975.jpg
a0085195_05081561.jpg


# by hiro-ichi2006 | 2018-09-23 05:10 | 市議会奮戦記

昨年3月のブログ。29年度から管理職手当値上げに対して。今思えばセクハラ懐柔策か

狛江市、管理職手当値上げ(年間予算460万増)を条例提案

編集 | 削除
狛江市、三月議会に提案されている条例に、管理職手当の増額がある。
年間、増額分が460万。
部長手当は月1万円増額。
課長、課長補佐は8,000~6500円の幅で増額となる。

なぜい、いま、??!!
条例提案の説明によると

管理職手当を定額制にするような人事院勧告の指導が以前からあり
狛江市は、すでに定額制を取り入れてきている。
ここにきて、まだ定額制にしていなかった自治体も定額制にすることから、
多摩25市(一市は定額制でない)の平均を出したら、狛江市は少なかったから、平均レベルにするんだという。

28年度第1回定例会本会議(2月23日の3月議会初日)、
インターネット中継を見てくれれば、提案側の総務部長と、山田拓史議員と市原広子がやり取りしている。

されで、部長の年俸はいくらですか?
年額1,100万円です。

1,100万円に12万増えてどうなるってもんではないでしょう。
課長補佐などの手当てが増えるならばまだしも、
市民感情への説明は不十分だといえる、と指摘。

明日、8日の総務文教委員会でこの条例は審議される。

共産党は20年ぶりだから、
20年あげてないというから・・と賛成に傾いているような、いないような、ですけど。

毎日新聞の報道によれば、ヤマト運輸が27年ぶりに配達料を値上げするそうだ。
20年ふた昔かもしれないが、日本の景気や成長率はバブルはじけて以降低迷してきた。
物価もデフレ脱却できていない。
にもかかわらず20年値上げしていないから賛成というのはおかしい。

まず、管理職に求めたいのは、憲法を守って来たのか
市長の間違いを糺せたのか
であるうが、残念ながら、市民の期待には沿えていない。

市長が個人情報を警察に渡したがっているのを、止められなかった、幹部職員。言いなりだった。
市民センターの改修計画も適当なものを作って、適当な予算で(9千万から2億6千万へ)提案して、市民から総スカン。
コンサルタント料は無駄になったといえる。
昨年問題になった滞納している市民への税金の取り立てのやり方。

何より、持続可能な自治体を目指すつもりはあるのか?
調布市だったら、管理職になれないでしょう?
8万規模の自治体だからオソマツでもやって来られたのでは?
誤解しないで頂きたいが、オソマツが悪いと言っているのではない。
8万規模の自治体には8万規模の人材しかいない。議員もしかり。
市長もしかり。
だったらそれにふさわしい管理職手当というものがあるでしょう?
平均をとるというのは根拠にならない!!

平均の手当てをもらいたかったら、合併しかないでしょう!
人口規模も財政規模も平均にしなくてはならないでしょう?

何より、部長級で、現在年俸1,100万もらっていたら、それで十分なのではないか??!
市民の皆様はどう思われるであろうか??

# by hiro-ichi2006 | 2018-09-20 18:45 | 市議会奮戦記

1年半前の投稿。現在このように進んできている公共施設の整備。1年半前は計画段階。

風邪のようです。狛江市公共施設整備計画28年度ローリング版が発表されました。

編集 | 削除
本日は、会派代表者会議で、近づいた3月議会で提案される議案が示される日だった。
いつものように、夜中に起き出して、メールチェックなど。
そして、そうだある会の報告のようなものつくらないと、
などなど、パソコン作業をして、7時に朝ご飯を食べようと思ったら、どうも、具合が悪い。
少し横になったら最後、起きられなかった。

夜が明けると、「手をつなぐ親の会」の新年交流会と議案説明、そして、そのまま、夜まで入っている。

この間、マヌカハニーという蜂蜜のドロップで、喉が痛くなりそうなときなどしのいできた。
このはちみつドロップは、自分に合っているのか、腕や肩の痛みが軽くなる。不思議だ。
酵素などの殺菌作用が強いそうだ。

寝込む程の重症ではなくてよかった。

会議は続くのだ。
資料を読んで、際限がない。

公共施設整備計画の28年度ローリング版が議員ポストに入ったので、読むと、大分踏み込んだ計画となっている。

まず、教育研究所(狛江駅の線路のツタヤの近くに面している)を31年には建てかえ複合施設化。
教育権所・児童発達センター・子ども家庭支援センターが入る。

それに先立ち、29年度あいとぴあセンターの大規模改修があり、30ウ年には、岩戸児童館から子ども家庭支援センター機能が、あいとぴあセンターに移転。教育研究所の複合施設化後には、教育研究所に移る計画だ。

子ども家庭支援センターは、世田谷の児童相談所と連携して(世田谷児相の管轄)虐待問題にも対応するものとして運営され、現在は岩戸児童館の中に入っている。【雲柱社に委託)
世田谷の児童相談所は世田谷区内オンリーになるので、どうしていくのか調布などとの広域連携で児童相談所機能を含有していくのか課題がある中、入れ物としての施設の計画が出来てしまっている。

狛江駅南口の仮園舎には、障がい者就労生活支援施設の統合が行われる。暫定と言われているが、おそらく固定化するだろう。

障がい者就労生活支援施設は、和泉多摩川駅近くのぽかぽか広場に建設を強行しようとしてとん挫しているのを、
いい加減にさっさとやりなさいと社会委員会ではっぱをかけて、与党第1党の自民党・明政クラブにまとめなさいと引導を渡しておいた。

まあ、功を奏したようだ。が、しかし、あくまで暫定だという。
早く正式な展開として、施設補助金をいただいてしっかりしたものを作ったら良いと思うがどうか。

市民センターは、26年度に図書館を少し拡大するなどの改修案を市が提示したとたんに、使いにくく予算も高額といったん停止の提案がなされて、市長もそれ受け入れ、市民による提案が昨年の4月になされた。
その後より具体的な検討を市民の会が始め、提案も終わったところである。

この公共施設整計画28年度ローリング版によると、「これから市の改修案を作成予定」とある。

他の懸案は、根川学童の閉鎖後、どのようにしていくのかだが、この計画によると「29年度に都市計画変更後旧4小跡地と合わせて利活用け検討」とある。
この「都市計画変更」は、多摩川住宅の地区計画がこのほど決定するが、その地区計画の範囲に、この根川地区センター利根川学童の敷地が入っているのだ。それで、地区計画の縦覧を経て、正式に地区計画が決定されたら、都市計画を変更し、その後利活用を検討するということのようだ。

# by hiro-ichi2006 | 2018-09-17 09:28 | 市議会奮戦記

9月15日は伊豆見神社のお祭りの宵宮。近所のお神酒所で地元の長老たちや若手の皆さんとお話し


a0085195_20252757.jpg

a0085195_20254099.jpg

今日は、いろいろあった。

支援している人がトラブルに巻き込まれ何とか解決するも、これからどうやって生活を考え支援をしていくかを話し合った。

その前に、スペース102の片付け。

8月15日、公民館の子供居場所事業に協力した後、にきれいにしておいたのに、お流しの下を開けるとゴキちゃんが運動会をしているではないか。
朝の1時間は、ゴキブリ退治とふん掃除に使われた。

どうも、下水の流し口のシーリングが甘かったみたい。ガムテープぐるぐる巻いた。ホウ酸団子とゴキブリホイホイも仕掛けたけど、もう来そうにもない、…といいけど。


月末食堂の時に同時開催するフリマの商品、売れなかった夏物、もう少し飾っておこう。

でも、かわいくて素敵な新品のハンドタオルとハンカチ、シルクの5本指ソックスや、化粧刷毛、ようじやの油トリガミやシュシュのセット、スリッパ、

かわいいコカ・コーラのグラス、お小皿、など、なんで売れないんだろう、

見る目がないなあ月末食堂のお客さんは・・と思って、

それらすべてカリヨン子どもセンターの「スターターキッド」にと我が家に持ち帰る。これに、小さなお鍋やケトル、バスタオルにフェイスタオル、突っ張り棒にカワイイ布(カーテンや目隠しにしてもいいように)、お裁縫セットなどなどを入れて、送ろう。

そうそう、最近は350CCぐらいの保温ポットとティーバッグも入れる。それもルイボスティーとか、若い子が好むようなお茶を。


昼には、孫の七五三の着物のバーゲンにいって、
帰ってきたら、和泉のお祭りのお神酒所に行って、おしゃべりしてきた。

元市長がいなくてスッキリだけどね、前からお祭りには来なかったからね、でも先週の土曜日に狛江の駅前を歩いていたのを目撃している人がいる。

D善さんちに引っ越しの挨拶に行ったの?と聞いたら、

全然来やしないよ、あんなに働いてやったのに、と言ってた。


# by hiro-ichi2006 | 2018-09-15 20:32 | 市議会奮戦記

狛江弁財天池緑地保全地区でアオイトトンボ成体1羽確認。

a0085195_21430741.jpg
a0085195_21433077.jpg


昼過ぎに家に帰り、昼食を作る。

連れ合いが保全地区の清掃から帰ってきて言うには、アオイトトンボがいたとのこと。
不鮮明ながら、ガラケー携帯の写真をとって来たのでアップします。はじめの1枚の方ですが羽が映っていません。
2枚目はそばのミズヒキ。

早速、動植物の在野の研究家、篠清治氏に電話で報告。
昨年、1匹見ただけで、今年はまだ見られなかったので、
喜んでいた。

弁財天池緑地保全地区の管理をともにしているご近所のSさんの庭でも1匹目撃されているそうだ。

篠さんに早く行って撮影してきてね、と依頼した。

アオイトトンボは池の水から水辺の草や小枝に上がって卵をふかさせるそうで、そのため、弁財天池緑地保全地区の池の周辺はく草を刈り取ったり,木の枝の不要な伐採はしていない。


午前中は、議会、社会常任委員会でした。こちらもお読みください。

本日は私が所属する狛江市議会社会常任委員会。
まず、
・陳情2件の審議、
①臓器移植ツーリズムを無くし国内臓器移植環境を整えるよう国に意見書の提出の願う
②国が法整備を進めている幼児教育無償化の対象として自主保育も入れるように国に求める意見書提出してほしい、という2件の陳情審査、
ともに全会一致で採択となったが、国に挙げる意見書の文言に関しては議会社会委員会で議論をして慎重に案文を作ることになった。

・市長提案の議案(国保広域化により国民健康保険会計の基金の抹消)  これも全会派一致で賛成。

・所管事務調査では、今期の課題としている⓵保育環境の充実②子ども貧困問題解決の報告書まとめに向けての議論。

また、決算委員会の質問を昨日までに提出した関係で、来週金曜からの決算委員会に向けての答弁の調整が2-3の課から入った。




# by hiro-ichi2006 | 2018-09-13 21:45 | 市議会奮戦記

マイクロプラスティックによる海洋汚染

フィリッピン、マニラの映像。

台風による高波で海に流されたプラスティックごみ類が、町中まで吹き寄せられて来ている様子。

また、ハフィントンポストのニュース配信より

6月、カナダで開催されたG7。プラスチックごみによる海洋汚染について協議され、合意文書が取りまとめられたが、日本は国内法の未整備などを理由にこれに署名をしなかったとのことだ。

 「マイクロプラスチック」。5ミリ以下の非常に小さなプラスチックというが、実際はもっと細かい粒子のようなものが生物体を犯している状況。

写真は、海に無数に漂っているこのマイクロプラスチックが海洋生物に与える影響を物語っている。

a0085195_21433093.jpg
a0085195_21431219.jpg


この30年で最もひどい状況、としていこう。

これからは減らしていく!という決意をもって。


私の政治の原点は、カネミ油症事件。確か発生は私が中学生の時。この世に自然界で分解できないものがあるなんて。高分子化学や石油化学工業という物を知ったのは高校生だった。

それから50年だ。
子育て中にごみ問題に取り組みだした。それから30年だ。

川のごみを拾い、ごみ問題からフリーマーケットに関わり、ごみ処理場問題、日の出のごみ処理場の問題。ダイオキシン、高温焼却、大型の高炉の建設、製造物責任法や容器法推すリサイクル法のざる法・・。

こんなになってしまっている。マイクロプラスティックが貝の組織の中に入り込んでしまっていること。
フリースを洗濯した排水に多くのマイクロプラスティックが含まれてしまっていること。

これって、私たちのやって来たリサイクルがいかに甘かったかを物語っている。

私たちのやってきたことはまだまだ足りない。
魂の腐った「誰かさん」が言う「ここでやめられない」とは違う!

私たちは「まだまだやめられない」
手をつないでいこう、グリーンズ!


# by hiro-ichi2006 | 2018-08-27 21:23 | 市議会奮戦記